「地域交通を考える」第9号の発行

 2017年11月25日発行いたしました。

目次

会報 会報


地域交通を考える   Regional Transportation Review

目 次
【巻頭言】
「四国の鉄道と鉄道特性」泉 雅文(四国旅客鉄道株式会社取締役会長)
【バス】
「平成23・24年の国際興業株式会社「飯能営業所」の存廃問題の経緯について」後藤崇輔(国際興業株式会社専務取締役)・白瀬雄一( 国際興業株式会社 経営企画部)
「バス停標識表示ガイドラインVer1(私案)~見やすく分かりやすいバス停をめざして~」入江 聡(一般社団法人交通環境整備ネットワーク監事)
【地域鉄道】
「私鉄・第三セクターにおけるビール列車の運行形態について」塩島翔(上毛電鉄友の会運営委員)
「三江線全駅訪問自転車ツーリング~乗って、巡って、撮って、のんびり旅~」高橋敏昭(みちのく鉄道応援団幹事)
【観光と交通】
「青梅市の観光と交通」早川伸二(一般社団法人青梅市観光協会事務局次長)
【海外の鉄道】
「台湾鉄道事情」唐崎好彦(鉄道・運輸機構健康保険組合常務理事)
「エストニア・ラトヴィアの交通事情」平田一彦(株式会社東武カードビジネス監査役)
「シベリア横断「ロシア号」の旅」入江一也(株式会社JTBパブリッシング)
【鉄道営業】
「大正から昭和・終戦に至る旅客鉄道運賃・料金の変遷」原 潔(一般社団法人交通環境整備ネットワーク代表理事)
【連載:鉄道法律相談】
「鉄道の音と商標」小島好己(東京神谷町綜合法律事務所弁護士)
【講演録】
 地域鉄道フォーラム2017「「写真と詩で伝える鉄道の魅力」
【作品集】
 鉄道写真詩コンテスト2017

「地域交通を考える」の一般頒布

発 行   一般社団法人 交通環境整備ネットワーク
発行日 2017(平成29)年11月25日  
仕 様 A5版184ページ
頒 価 1,500円 (送料込み)
頒布方法について
 頒布ご希望の方は、こちらからお申込みください。
 「地域交通を考える」と一緒に郵便振込用紙を同封いたしますので、到着しましたら、代金1,500円をお振込みください。
 なお、振込手数料は、お客様のご負担をお願いします。
 また、東京神田神保町「書泉グランデ」6階鉄道コーナー及び東京霞が関中央合同庁舎3号館の国土交通省地下一階「島田書店」でお求めになれます。
  

ページのトップへ戻る